骨粗鬆症が気になるあなたへ
耳つぼダイエットDaisy(デイジー)
骨粗鬆症とは

骨粗鬆症とは骨の強度が低くなり、骨折しやすくなってしまうことです。

この骨粗鬆症になり、骨が弱くなってしまうと、つまづいた拍子に手をついたことや、くしゃみをした、などの小さな衝撃でも骨折してしまうことがあります。

骨の強度は骨密度や骨の質で決まります。

骨量は20歳くらいで最大になりますが、こと後は加齢に従い減っていきます。

特に女性の場合、閉経後に従い骨量が大きく減りやすくなります。

骨粗鬆症は女性が圧倒的に発症が多く、50歳以降大きく増え始め、男性と比べた発生頻度は3倍とも言われています。

骨粗鬆症のリスク

骨粗鬆症で骨折しやすい部分としては以下の通りです。

・背骨(脊椎椎体)

・脚の付け根(大腿骨近位部)

・手首(橈骨)

・腕の付け根(上腕骨)

背骨(背中の骨)が自分の体の重みで骨折してしまうことを圧迫骨折と言います。

これが起きると、腰・背中が曲がる原因になってしまいます。

そして、身長が縮んだり丸くなってしまいます。

この圧迫骨折は、腰痛だと思い見過ごしてしまったりするケースもあります。

そうすると、この周囲の骨の負担が増えるため骨折が連鎖的に起きてしまうことも考えられます。

 

骨折自体は直接命を脅かすものではありませんが、骨折がきっかけで要介護、寝たきりになってしまうリスクが高いのです。

特に、脚の付け根(大腿骨近位部)は骨折すると、歩くことが難しくなり要介護のリスクが高まります。

これを防ぐためには骨粗鬆症の予防は大切であると言えるでしょう。

ロコモティブシンドロームと健康寿命

「ロコモティブシンドローム(運動機症候群)」とは、加齢や脊椎の病気、骨粗鬆症などが原因で運動器の機能が衰え、要介護・寝たきりなどになってしまう状態、またはそのリスクが高い状態のことを示します。

 

そして「健康寿命」とは、実際の寿命ではなく「日常的に介護を必要とせず、心身ともに自立して暮らせる期間」のことです。

日本人の平均寿命と健康寿命の差は、男性9年・女性12年と言われています。

長寿と言われる日本ですが、実際は多くの人が健康ではない状態で長い期間を過ごしています。

 

そして、要介護の原因のうち運動器の障害が2割と言われています。

その中で男性は脳卒中の割合が大きく、女性は運動器疾患が大きい割合を占めています。

そのため、介護予防として男性はメタボリックシンドローム・女性はロコモティブシンドロームを特に気を付ける必要があります。

 

まとめると、「健康的に長生きをする」ことを考えたとき、特に女性の場合は、寝たきりや要介護のリスクが高まる骨粗鬆症の予防はとても大切だということです。

骨粗鬆症の原因

骨というのは「骨を壊す」「骨をつくる」を繰り返していて新しい骨に置き換わっています。

その際、カルシウムやビタミンDというものが大切になるのですが、加齢によってカルシウムの吸収が低下したり、ビタミンDをつくる働きが低下することも原因と言われています。

また、加齢により女性ホルモン分泌が低下することも要因の一つと言われています。

 

加齢のほかにもう一つ言われている大きな要因として生活習慣というのが挙げられます。

具体的には無理なダイエットや運動不足などです。

成長期に丈夫な骨をしっかりつくっておくことが大切なのですが、無理なダイエットを行い栄養不足になると骨粗鬆症の原因となります。

 

また、骨は負荷がかかることで骨をつくる働きが強くなります。

なので運動不足の方は骨が衰えやすいといえるでしょう。

 

他にも、アルコールやタバコも骨粗鬆症のリスクが高いと言われています。

 

その他に、薬や病気が原因となることもあります。

代表的なものとして、関節リウマチ、副甲状腺機能亢進症、糖尿病、慢性腎臓病(CKD)、動脈硬化、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、ステロイドの長期服用

などが挙げられます。

骨粗鬆症の予防

【バランスのよい食生活】

カルシウムは骨の構成成分で重要な成分です。

カルシウムは血液中に存在していて、生きていくのに必要な働きに使用されています。

ですが、この血液中のカルシウムは体内のカルシウムの約1%といわれ、残りの約99%は骨や歯にあります。

そのため、カルシウムの摂取が少なくなると骨からカルシウムが取り出されてしまい、その結果骨量が減り骨粗鬆症になるリスクが高まってしまうのです。

このように骨にはカルシウムが大切ですが、この他にカルシウムの吸収を促すビタミンDや、骨がカルシウムを取り込むのを助けるビタミンKなど、様々な栄養素が必要となります。

そのため、毎日の食事は品目を多くし、バランスのよい食事を心がけるようにすることが大切です。

また、カルシウムは乳製品のほかにも緑黄色野菜、海藻、大豆製品などにも多く含まれていますので、これらを積極的に取り入れていきましょう。

また、塩分の摂りすぎには注意しましょう。

塩分を排泄する際にカルシウムも大きく排泄されてしまうためです。

 

【日光を浴びる】

上記にあるビタミンDですが人体ではビタミンDをつくることができます。

皮下脂肪には紫外線(日光)を浴びることでビタミンDに変わる物質があります。

なので、日光を浴びることも骨粗鬆症の予防につながります。

 

【運動を取り入れる】

運動することで骨に負荷がかかり、骨をつくる働きが促されます。

おすすめなのはウォーキングです。

上記の日光も同時に浴びることもできます。

自分の体に合わせて無理のない運動を取り入れていくことが大切です。

 

【アルコール・タバコを控える】

アルコールは適量にし、タバコはできれば禁煙が望ましいといえます。

ニコチンガムやニコチンパッチなどの禁煙補助剤や禁煙外来を活用するのも一つの手です。

 

【転倒予防】

骨粗鬆症において恐ろしいのが転倒による骨折です。

とくに脚の付け根の骨が折れてしまうことで寝たきりのリスクが大きくなります。

そのため転倒予防は重要と言えます。

転倒する場所として、実は高齢者の多くが自宅で事故が発生しています。

体が衰えることなど、色んな要素が重なって起きてしまします。

 

自宅での転倒予防として

床にものを置かない、段差を小さくする工夫、滑り止めのない靴下やスリッパを使用しない、手すりや滑り止めの設置、夜間歩く可能性のある場所の足元に照明の設置

などが挙げられるでしょう。

 

外出時としては

歩きやすく着脱しやすい靴を使用する、両手があくリュックを活用する、引っかかるような服装は控える、無理に走ったり急いだりしないようにする、悪天候の日は外出を控える、夜遅い時間や暗い場所はなるべく控える、自転車にはズボンで乗る、階段などでは手すりを使用する

などが挙げられます。

特徴

耳つぼダイエットDaisy(デイジー)では、無理がなく健康的に痩せるダイエット法で体重を減らしていきます。

耳つぼの刺激を利用し、自然と食欲を抑えながら正しい食生活の知識を学んでいくので、ストレスが少なくリバウンドもしにくいダイエット法です。

運動はなく禁止食材もありません。その中でしっかり栄養を摂りながら、カウンセラーと一緒に健康でスリムな体系を目指していきます。

このダイエットで得られるものは、一生ものだと言えるほど自信をもっておすすめできます。

健康や体系にお悩みの方はぜひ一度ご来店いただき、お悩みをお話しください。

Access

最寄り駅から歩いて約5分の好アクセスですので気軽に無料カウンセリングをご予約ください

概要

店舗名 耳つぼダイエットDaisy(デイジー)
住所 千葉県松戸市新松戸2-88 SIRIUS新松戸102号
電話番号 070-4540-8000
営業時間 10:00~18:00
(時間外要相談)
定休日 日,祝
(不定休)

アクセス

最寄り駅のすぐそばに落ち着いたプライベートサロンを構え、耳つぼによる痩身サポートを行っております。無料カウンセリングのご予約も受け付けておりますので、体型や体重についてお悩みを抱えている方はぜひ一度お話をお聞かせください。
Contact

お問い合わせ