肝臓病が気になる
あなたへ
耳つぼダイエットDasiy(デイジー)
肝臓病とは

肝臓病とは、肝臓に関する病気のことを言います。

主に3つに分類すると理解しやすいでしょう。

・肝炎

・肝硬変

・肝がん

肝炎

肝炎は、ウイルス感染、お酒、肥満などが原因で肝臓が炎症を起こし、肝細胞が壊れることで起こります。

また、この肝炎は急性のものと慢性のもので2種類に分かれます。

分類としては続いている期間によって分けられます。

・急性肝炎→6か月以内に落ち着くもの

・慢性肝炎→それ以上の期間続く肝炎のこと

また、慢性肝炎の場合は症状が出ないことが多いです。

ですが、軽度な慢性肝炎だったとしても長期間に渡り肝炎が続くと、肝臓の細胞の再生力が低下していき、肝機能の低下も引き起こします。

その結果、肝硬変に進行してしまいます。

肝硬変

肝臓の細胞には再生能力があります。

しかし、肝臓の炎症が長期間続き、細胞の破壊と再生が何度も行われることで肝臓に繊維組織(コラーゲン)が蓄積されていきます。

このことを肝臓の「線維化」と言います。

そしてこの「線維化」が進んでいくと「肝硬変」という硬い状態の肝臓になっていきます。

本来、肝臓の細胞である部分が、繊維組織に置き換わっていくため、肝臓の機能が低下していきます。

肝がん

肝がんとは、肝臓に発生したがんのことを示します。

通常の問題のない肝臓であればこのリスクは低いです。

ですが、上記のような慢性肝炎や肝硬変を起こしている肝臓でのリスクは高くなります。

そのため、そういったリスクの高い方は定期的に病院を受診し、検査を行うことをおすすめします。

肝臓は沈黙の臓器

肝臓という臓器は、障害に対して耐える力が大きな臓器です。

そのため、小さな障害では症状が出にくいのです。

なので、肝臓になんらかの障害が見つかったとしても、すでに大きく進行しており、発見した時にはすでに治療することが難しい、というケースが少なくありません。

そのため、このことを理解し早期発見できるよう、定期健診に足を運ぶなどが大切となります。

肝炎は主に血液検査の数値でわかることがあります。

主な検査項目→GOT(AST)、GPT(ALT)、γ-GTP、ALP、LDH、総ビリルビン、総蛋白、アルブミン

肝がんに関しては、超音波検査などを受けるとよいでしょう。

 

それぞれの症状

【肝炎】

ヒフの痒み、ヒフに発疹

熱が出る、頭が痛い、体がだるい

食欲が落ちる、腹痛、吐き気

白目やヒフが黄色になる、尿の色が茶色になる、など

【肝硬変】

手の震え、鼻出血

食欲不振、体重減少

腹水がたまる、足のむくみ

言動に異変が起きる、手を羽ばたくようなしぐさをする

黄疸、など

【肝がん】

肝硬変と同じような症状

腹部の張り、腹部の痛み、腹部の激痛、など

個々の肝臓病の原因

【A型肝炎】

A型肝炎ウイルスが原因。口から入ることで感染。

【B型肝炎】

B型肝炎ウイルスが原因。血液を介したり性交渉での感染があります。

【C型肝炎】

C型肝炎ウイルスが原因。血液を介して感染。

【アルコール性肝炎】

アルコールを多く摂取していると、アルコール性脂肪肝、アルコール性肝炎になることがあります。

そしてそれが続くことで肝硬変になることもあります。

【脂肪肝】

肝臓に中性脂肪が多く蓄積した状態で、主な原因は

アルコール、運動不足た食べ過ぎなどが挙げられます。

 

すぐには症状の出ない肝臓病は、早期発見も大切ですが

普段から予防を意識することもとても大切です。

肝臓病予防で大切なこと

【バランスのよい食生活】

肝臓の細胞の修復にはタンパク質の摂取が必要不可欠です。

たとえ、肥満の解消のための減量であってもタンパク質はしっかり摂取することが大切です。

その際、糖質・脂質を多く含むものは控えめにしましょう。

 

【肥満の解消】

上記にもあるように、中性脂肪が多いと脂肪肝のリスクが高まります。

そのため、肥満の解消は肝臓病の予防に必要です。

また、食事量を減らすことで肝臓への負荷も軽減されます。

 

【禁酒・禁煙】

アルコールは肝臓にとって大きな負担となります。

そのため禁酒することは、肝臓病の予防に大きくつながります。

禁酒が無理であっても、適度な量を飲むように意識してください。

また、タバコも肝臓に大きく負荷をかけるため、できれば禁煙したほうがよいでしょう。

 

【薬・食品添加物を控える】

肝臓は解毒する作用があります。

そのため、こういったものを摂取することで肝臓に負担がかかります。

 

【しっかり睡眠をとる】

食事のあと30分~1時間が、肝臓の働きがピークを迎える時です。

また、疲労感を感じたときなどにも横になって休息をとることをおすすめします。

横になることで肝臓への血液の流れる量が大きく変わります。右側を下にしたほがよいでしょう。

睡眠をしっかりとることで肝臓を休めることができます。

特徴

耳つぼダイエットDaisy(デイジー)では、バランスのよい食事を意識しながらしっかりと栄養を摂っていただき、健康的に減量のできるダイエット方法となっております。

また、30年以上の実績のある正しいダイエット法です。

カウンセラーがひとりひとりのお客さまの生活習慣に寄り添いながら、一緒に健康的な減量を目指していきます。

肥満や健康的な減量をお考えの方はぜひ一度、カウンセリングをご予約ください。

Access

最寄り駅から歩いて約5分の好アクセスですので気軽に無料カウンセリングをご予約ください

概要

店舗名 耳つぼダイエットDaisy(デイジー)
住所 千葉県松戸市新松戸2-88 SIRIUS新松戸102号
電話番号 070-4540-8000
営業時間 10:00~18:00
(時間外要相談)
定休日 日,祝
(不定休)

アクセス

最寄り駅のすぐそばに落ち着いたプライベートサロンを構え、耳つぼによる痩身サポートを行っております。無料カウンセリングのご予約も受け付けておりますので、体型や体重についてお悩みを抱えている方はぜひ一度お話をお聞かせください。
Contact

お問い合わせ